相続税控除の種類_外国税控除

相続税控除の種類_外国税控除

 相続税は被相続人の死亡時の財産の合計額をもとに算出されますが、これについては国外に所在する財産についても例外ではなく、相続税の課税対象となります。従って、これらの財産について、日本国での相続税が課されることとなります。

 

 

 

しかし、日本国外においても、日本国での相続税に相当する税金が課される場合があり、そうした場合、そのような税金及び日本国での相続税とで、同じ財産について、同じ主旨の税金が二重に課されてしまうことになります。財産が国外に所在するというだけで同じ財産について同じ主旨の税金が課されてしまっては、課税の公平は保たれません。このような二重課税に対する措置として相続税控除の一つである外国税控除があります。

 

 

 

 外国税控除によりどのように二重課税が排除されるかというと、一旦国内財産及び国外財産を合わせての財産の合計額を算出したうえで全体での相続税額を計算します。(計算された相続税額から諸々の控除する規定を相続税控除の規定といい、外国税控除も相続税控除の一種です。)

 

 

 

その相続税額からその国外財産につき国外において課された相続税に相当する税金を控除することで、結果としてその財産については日本国での相続税のみが課された状態になり、これにより課税の公平が保たれます。 

 

 

 

 ただし、国外において課される相続税に相当する税金の税率が日本での相続税の税率より著しく大きく、結果として国内財産を含めた全体の相続税を上回ってしまった場合、控除しきれない金額についてはそのまま切り捨てとなり、還付の対象にはなりません。