相続税の豆知識_相続の発生から相続税の申告・納税までのスケジュール

相続税の豆知識_相続の発生から相続税の申告・納税までのスケジュール

身内の方が亡くなって悲しみにくれているとあっというまに月日が経ってしまう。そういうお話をよく聞きます。

 

 

 

お気持ちはよくわかりますが、もし相続税がかかるとしたら、スケジュールがありますのでその通りに手続きを行わないと大変なことになる可能性があります。
まず、死亡届を7日以内に市町村に提出。それから3ヶ月以内に

 

 

 

・遺言書の確認
・相続人の確認
・相続放棄の確認

 

 

 

を行います。特に相続放棄についてはこの期間に行わなければなりません。資産より負債のほうが上回っているような場合はこのタイミングを逃すと大変なことになりますので、重々注意してください。

 

 

 

その後、死亡から4ヶ月以内に遺産の評価、被相続人の所得税・消費税の申告を行います(準確定申告)。これは亡くなった方の税金を精算する作業です。この分は当然相続の額から控除されます。
その後、死亡から10ヶ月以内に

 

 

 

・遺産の分割協議
・相続税の計算
・相続税の申告・納付
を行います。

 

けれど遺産の分割協議でもめてしまい、長引く場合はどうするか。その場合は法定相続分で相続したと仮定して申告・納税します。これをしておかないと、滞納としてペナルティがかかることもあります。そして協議が成立したらその時点で修正申告を行うことになります。
このように相続税はきちんとしたスケジュールが決まっており、それに則って申告・納税しないと大変なことになる可能性があります。多くの方は相続税はあまり関係がないとは思いますが、少しでも不安な方はぜひお近くの税理士さん等に相談しましょう。