相続税の豆知識_みなし相続財産

相続税の豆知識_みなし相続財産

生命保険を参考にすると判り易いと思います。生命保険の保険金は、被保険者が所有している被保険者の固有財産ではなく、あくまで生命保険の契約上の受取人が受け取れる財産です。ただ、この保険金を受け取るためには、被保険者が死亡する事が必要となります。

 

 

 

生命保険の保険金は、被保険者の死亡に起因して発生する財産なので、みなし相続財産と呼ばれ、被保険者が所有している固有の相続財産と同様の扱いを受けて、相続税の対象となります。生命保険だけでなく、死亡退職金でも同様です。あくまで死亡しないと発生しない財産ですが、普通の被相続人の固有財産と税法的には差がないと考えて、みなし相続財産として、相続税の対象となっています。ケースによっては、贈与や所得の対象になる事もあります。

 

 

 

これ以外にも、みなし相続財産の適用を受ける事があります。非相続人の死亡する時点から三年以内の贈与も適用されます。相続税逃れの贈与を防止した規定です。死亡時点では、既に被相続人の財産ではなく、贈与を受けた人の財産になっていますが、相続したものとみなされます。

 

 

 

多額の弔慰金、葬儀料がなどが、相続人に支払われる事もあり、非課税扱いの弔慰金もみなし相続財産として扱われています。これも相続税逃れを防止するための規定です。

 

 

 

みなし相続財産は、被相続人の固有の財産ではないが、被相続人の死亡に起因して発生する財産を基本として、相続税逃れを防止するために規定されている財産も加えて、税法的に被相続人の固有の財産と同様に扱われる財産を意味します。