相続税の節税

相続税の節税

相続税が多すぎて逆に土地や建物を手放すことになった…ということもあるようです。皆さんもそうならない為にも何か対策を練っておかなければならないのではないでしょうか。まず相続税が掛かるのは、基礎控除以上の財産を譲り受ける場合です。

 

 

 

ちなみに相続税の基礎控除額は「5,000万円+(1,000万円×法定相続人の数)」で出すことが出来ます。もし基礎控除額以下であれば相続税を払わずに済むので当然、税務署へ手続きをしに行くこともありません。誰だって税金を払わなければいけないのは分かるけれど出来れば払いたくない…と思いますよね。

 

 

 

しかしそれは無理な考えです。1番身近な税金としては消費税があります。何を買うにしても5%の消費税を払わないと買えないのですから。相続税ももちろん、払いたくないと思うのではないでしょうか。基礎控除以上であれば払う義務があるので、1円も払わないで済む方法というのはありませんが、税金を抑える方法というのはあります。

 

 

 

この方法は脱税とは違い、法律を守りながらなので節税とも言えます。まずは遺産がどのくらいあるのか知っておくことが必要です。

 

 

 

その後は誰がどのくらいの割合を分配知るのか前もって決めておくと良いでしょう。亡くなる前に相続の話をするのは嫌かもしれませんが、これも大事なことです。まずはこの2つを知っておかなければ節税の話は進みません。

 

 

 

対策の方法は法律など難しいことが関わってくるので専門家に依頼することをおススメします。