相続でもめるわけ

相続でもめるわけ

誰かがなくなって、その相続をめぐって、いろいろなもめごとが起きるというケースをよく耳にします。相続でトラブルになってしまうのは、どういったことが理由として考えられるでしょうか?

 

 

 

やはり大きいのは、人間関係が疎遠なことが挙げられます。人間関係がうまく構築されていないと、話し合いのときにもお互いに変に勘ぐるところが出てきてしまいます。すると、お互いに意固地になってしまって、うまく相続の話し合いをつけることができなくなることもあるようです。

 

池袋 歯科

 

また当人同士で話し合いをすれば、さほど大きな問題にならなくても、他人がかかわってくることで、話が複雑になるケースがあります。特に、相続人の配偶者などが変に幅をきかせたりすると、話し合いがこじれる可能性が高まります。

 

 

 

配偶者の場合には、権利意識が高かったり、経済的な事情を持ち出したりすることで、まとまる話がまとまらなくなってしまうこともあります。

 

 

 

もちろん、権利を主張することは結構です。しかしあまり声高に主張をすると、話がうまくまとまらなくなることも事実です。