相続問題の解決法

相続問題の解決法

相続でうまく話がもとまらなくなると、財産の処分や名義変更をすることができなくなってしまいます。遺産について、なくなって相続がはっきりと決まらない場合には、相続人の共有財産という形になります。

 

名古屋 英会話教室

 

もし個人の名義に変更をする場合には、遺産分割協議書を作成しないといけません。相続でもめれば、遺産分割協議書すら作成することができなくなってしまいます。

 

 

 

もし相続問題を当事者間で納めることができない場合には、調停の場で解決することになります。調停の場で話し合いをして、さらに決まらない場合には、審判といって、家庭裁判所の方で決定を下してもらうことになります。

 

 

 

しかしそれでも一部相続人が不服という場合には、裁判で争うところまで発展をします。しかしもし調停まで行ってしまうとうまく問題が解決したとしても、いろいろとしこりが残ってしまいます。

 

 

 

変に感情的にならないためにも、調停の前の段階で、何とか妥協ができないか、模索することをお勧めします。