トラブルのポイントと、税制の変化

トラブルのポイントと、税制の変化

よくある相続トラブルでも三つの事柄を紹介しましたが、今回は他の問題になり安いポイントと相続税の話を書いていきましょう。

 

遺言などがまったくない場合で、相続する人間が多いほど問題になる可能性が高まります。生前遺産とは別に特定の相続人にだけ土地やお金を渡していた場合です。長男に実家を与えた、兄弟の一人だけに多額の教育費などをかけていたなども問題化しやすいですね。

 

再婚相手に子供がいる、住居が遺産のほとんどを占めているなども要注意ですね。

 

先の税制改正で控除などがかなり削られましたし、相続される金額が八千万円以上なら課税されたのが、四千八百万円まで引き下げられました。

 

これまでの税制なら控除や相続税が関係なかった人が、税金がかかり控除できる額が少なくなる可能性が出てきました。相続税の税率事態も上がっています。昔は六つに分けて課税されていたのが、八つに増えて三億円以下の資産にたいしては、新しく税率が設けられました。しかし控除ができた項目もあります。

 

未成年ですとこれまでは成人するまでの年齢に六万をかけた額が控除額となりましたが、この六万が充満に変更となりました。障害者控除は八十五才までの数に六万をかけた額でしたがこれも十万となりました。

 

特別障害者の場合は八十五×十二万だったのが、八十五×二十万となっています。あらかじめ期限が決まっていますが、教育に関しての相続ならば税金が免除になりますので、関係のある日とははやめに調べておくべきでしょう。トラブルにならないように準備しておきたいものです。