よくある相続トラブル

よくある相続トラブル

相続税のトラブルは大きく分けて三つの事柄に当てはまります。今回はよくある相続税に関してのトラブルについて考えてみましょう。第一に相続できるものが土地や住居で分割がしにくい場合です。

 

こういった場合分けるのに困るのも問題ですが、被相続人と一緒に住んでいた子供と、その家から出ていった子供がいるとかなりもめることがあります。

 

第二に被相続人の介護をしていた子供と、介護をしなかった子供がいる場合です。亡くなった被相続人を介護して面倒を見ていたのは自分だから、自分が相続して当然と言い出し、それに反論して。と再現なく続いていきます。

 

家族同士でのいさかいは第三者から見ていてもやるせないですね。介護をしていた方からすれば一番辛いときになにもしなかった人が、平等に資産を分けようと言ってくるのは頭に来るのかもしれません。介護しなかった被相続人の子供の方も遠慮して遺産をもらうのを我慢するとはいかないでしょう。

 

第三の事柄は離婚などをして、別々のパートナーとの間に子供がいた場合です。再婚相手との子供も、そうでない子供も法的には扱いが同じですから話がこじれると、最悪裁判などになってしまいます。

 

相続税が上がって間もないですから、少なくなった遺産をどうするかでもめている人たちは多いのです。上記の事柄に当てはまる人がいるのなら、生前によく話し合っておくなりしましょう。介護なども、親族の誰かがする場合何も言わずに期待するのではなく、保証してほしいことがあるのならば明言しておいた方がいいかもしれません。