営業キャッシュフローを増やすポイント

営業キャッシュフローを増やすポイント

会社経営者にとっていかに業績を上げるのか、利益を得るのか…などで頭がいっぱいになっているのではないでしょうか。他にもいろいろと悩むこともあるかと思いますが、社員のことを考えると最悪のケースは避けたいところですよね。

 

 

 

そこでポイントとなってくるのは営業キャッシュフローですが、ちなみに皆さんは意味について知っていますか?まず営業キャッシュフローは大まかにキャッシュフロー計算の種類の1つになります。他には財務キャッシュフロー、投資キャッシュフローとあります。

 

 

 

今回は営業キャッシュフローについて書きたいと思います。まず意味ですが、簡単にいえば会社が1年間で売り上げた利益(キャッシュ)のことを表しています。利益ということで当然ながら、会社としては営業キャッシュフローが多ければ多いほど経営が上手くいっているということになります。

 

 

 

ではもしプラスではなく、マイナスになってしまったら…?経営は悪化し、最悪の場合倒産になることだってあります。経営者にとっては営業キャッシュフローをいかに増やせるのかがポイントとなるのです。

 

 

 

もしプラスになったら財務キャッシュフローと投資キャッシュフローに回すことが出来ますし、フリーキャッシュフローといって万が一の為に…と取っておくことも出来ます。営業キャッシュフローの増やし方などについては独自で頑張るのも良いかもしれませんが、第三者(会計事務所など)に相談するのも良い意見が聞けるかもしれませんね。