相続税の税率

相続税の税率

相続する遺産の額によって納める税率は異なってきます。10%から最大50%までと幅広くなっていますが、皆さんはどこに該当するのか知っていますか?誰だって出来れば税率は低い方が良い…と思いますよね。

 

 

 

税率の前に自分は相続税を納める義務があるのかどうかについて知っておかなければいけません。まず相続税を払う人は基礎控除よりも高い金額を相続する人です。基礎控除の求め方は5,000万円+(1,000万円×法定相続人の数)となっています。

 

 

 

もしこの時点で基礎控除よりも下であれば納入する必要はありません。そして実際に譲り受ける財産の全額から基礎控除を引いて、そこから自分の分配分を計算で出します。そしてそこからどのくらい相続税として支払わなくてはいかないのかが分かるのです。

 

 

 

例えば自分の分配分が1,000万円以下だった場合×10%をして出た金額が相続税となります。これと同様に1,000万円超〜3,000万円以下は15%の税率で50万円の控除、3,000万円超〜5,000万円以下は20%の税率で200万円の控除、5,000万円超〜1億円以下は30%の税率で700万円の控除、1億円超〜3億円以下は40%で1,700万円の控除、3億円超は50%で4,700万円の控除となります。

 

 

 

また控除にも扶養控除や未成年控除、身体障害者控除…などいろいろな控除があるので是非チェックしてみてください。また事前に対策をすることで相続税を抑えることも可能かもしれませんよ。