身なし相続財産の相続税

身なし相続財産の相続税

皆さんは「みなし相続財産」って聞いたことありますか?みなし相続財産とはその名の通り、不動産や金銭を直接的ではなく間接的に財産を取得した時に発生するもので『実質的に相続とみなされるもの』ということでみなし相続財産と呼ばれているのです。

 

介護にある独立開業

 

もちろん、みなし相続財産も普通の遺産と同じく、相続税の課税対象となります。ではそんなみなし相続財産にはどんなものがあるのでしょう。まずは亡くなった人に支払われる死亡保険金や勤務先から支払われる退職金、功労金などがあります。

 

 

 

これらは被相続人が亡くなって初めて支払われるため、もちろん間接的な財産ですよね。他にも生保の個人年金や郵便局の年金などの定期金、信託銀行に預けた遺産や債務の免除というのも課税対象となります。債務の免除は借金を肩代わりしてもらったり、帳消しにしてもらった時に発生するもので金額によって相続税が発生するようになっています。

 

 

 

また低額の譲り受けというのも相続税の課税対象となるのですが、例えば遺言で子供に時価 8,000万円の土地を3,000万円で売却した場合は本来の時価よりかなり低い価格で財産を取得したと見なされ対象と判断されます。

 

 

 

被相続人は亡くなった後、皆が納得し遺産を相続できるように遺言を残しておくと良いかもしれません。財産にも現金や土地、建物それにみなし相続財産などいろいろあり、困惑するかもしれませんが相続税だけではきちんと納入するようにしましょう。