相続税の控除対象

相続税の控除対象

相続税を納める人って凄くお金持ちなんだな…という印象を受けるのは私だけでしょうか。基礎控除以下ならば相続税を納める権利は無いので当然、税務署へ報告する義務もありません。

 

 

 

ちなみに基礎控除を求める計算式は、【相続税の基礎控除額=5,000万円+(1,000万円×法定相続人の数)】となっています。

 

 

 

これだけを考えたら最低でも6,000万円の遺産がないと相続税を払わなくて済むのですからやはりお金持ちでなければ出来ない事だと思いませんか?また配偶者は他にも配偶者控除という制度もあるので、例え遺産が基礎控除以上であってももしかしたら相続税を払わずに済むかもしれません。

 

 

 

そして気になる金額は1億6,000万円で配偶者控除となります。どうしてこんなにも高い金額が指定されているかというとこれからの生活資金、そして夫婦で築き上げてきた財産ということが認められているからなのです。

 

 

 

もちろん配偶者には内縁関係にある妻や愛人は認められておらず、あくまでも婚姻届を役所に提出し正式に夫婦と認められた者が配偶者控除、そして財産を受け取ることになっています。遺産の金額によっては莫大なお金を相続税として納入しなくてはいけない事になるかもしれませんが、これをもし報告せず所得隠ししたら脱税とみなされてしまいます。

 

 

 

そうなると罰金や懲役になってしまう恐れがあるので結局は相続税を払わざるを得ないのですから素直に税金は納めるようにしましょう。