相続でのトラブルを避けるための計画

相続でのトラブルを避けるための計画

相続する前によく家族で話し合ってくださいといった内容の記事を書いてきましたが、今回はその具体的な内容を考えていきましょう。とりあえずどの程度の遺産となるのか、そして取られる税金などを計算してみましょう。

 

この数字を出さなければ資産をどうわけるかという話もできません。ある程度の資産があるとした場合、資産を運用するという事を考える人もいるはずです。例えば現金や空き地の状態ですと、多くの相続税がかかりますが、アパートなど相続税の評価が低いお金に変えておくと、変えない場合とくらべて相続税が下がります。

 

しかしデメリットもあります。アパートを一度たててしまうと現金にしにくく、相続人が複数いた場合どういう分けかた
をするのか揉める場合もあります。アパートも入居者が集まらないなど、経営がうまくいかない場合も問題化することがあります。

 

保険の加入なども考えてみるといいでしょう。保険の種類によっては相続税が下がり、実質的に節税となる可能性もあります。また生前贈与なども考えてみるべきでしょう。これは一次相続をした人次第ですが、自分の死後子供たちが遺産相続で揉めるのは本意ではないと思うのなら一度考えてみるべきだと思います。

 

また資産が多い場合、そして相続に条件をつけたい場合は特にですが遺言状を書いておきましょう。借金がある場合も生前からどうしたらいいのか家族で話し合ってみるべきでしょう。どう返していくのか計画をたてて実行しなければいけません。人がなくなるかもしれないのにお金の事をと思うかもしれませんが、相続問題とは残された人の人生を左右するものですから避けたいものです。