いろいろある控除

いろいろある控除

皆さんは自分が死んでしまった後、親族がもめ事を起こすことなく分配できるように遺言などを残していますか?遺産が多い、少ない関係なく遺言は残しておいた方が良いかもしれません。もし遺言が無い場合は、決められた法律に従って分配されます。

 

 

 

突然ですが、相続税には控除があることを知っていますか?またその控除も各相続人によって違ってくるのです。もしかしたら皆さんもその控除に該当するかもしれないので是非、チェックしてみてください。まずは相続税の基礎控除というものがあります。

 

 

 

基礎控除に関しては誰が相続するかなどは関係なく、該当する控除なのです。計算式は【相続税の基礎控除額=5,000万円+(1,000万円×法定相続人の数)】となっています。そして配偶者が相続する場合は、配偶者控除があり1億6,000万円と決まっています。

 

 

 

これからの生活資金、そして夫婦で貯めてきたお金だということが認められているからこその金額なのです。他にも被相続人から贈与を受けて、3年以内に贈与税を納付している場合は贈与税額控除、他にも障害者控除、未成年者控除、外国税額控除などがあります。

 

 

 

また相次相続の控除といって最初の相続が10年以内にあった場合、一定額の控除を受けることが出来ます。ちなみに未成年者控除は例え赤ちゃん、それにまだ出産前であっても該当するようです。

 

 

 

お母さんの胎内にいる場合でも法律上では産まれていると判断されるみたいです。