アパート建設の注意点

アパート建設の注意点

相続税の節税対策として、もし空き地の不動産があれば、アパートを建設するという方法があります。確かに相続税の課税額を安くすることができるかもしれません。

 

 

 

しかし一方で、長期的に見れば、損をする可能性もあることは、あらかじめ理解をしておいた方がいいでしょう。
まずアパート建設をするということは、お金を確保する必要があります。すべてを自己資金で賄うことができれば、問題ないかもしれません。

 

 

 

しかしもし、どこかから借入を行うということになれば、借金を抱えることになってしまいます。家賃収入を期待することができても、返済に充てられるので、思うような利益をあげることができない可能性もあります。

 

 

 

また空き部屋がないくらいに入居者が集まればいいですが、入居者を集めることができない可能性もあります。すると、思うように家賃収入を受け取ることができず、逆に建物のメンテナンス費や共用部分のコストがかかってしまう可能性もあります。

 

 

 

リスクがあることも、理解しておきましょう。