空き地にアパート建設

空き地にアパート建設

相続をするときに、亡くなった人が空き地の土地を保有していたとします。この空き地にあらかじめアパートを建設しておくと、相続税の節税効果を期待することができるとよく言われます。

 

 

 

アパートを建設することによって、なぜ節税効果を期待することができるかというと、いくつかのメリットがあるからです。
まずは、土地の評価額を下げる効果を期待することができます。

 

 

 

アパート建設をすると、土地は、貸付建付地ということになり、通常よりも2割程度評価が下がるのが一般的です。アパートを貸し付けるということは、借家権が発生することになります。つまり土地の活用に制約が加わるので、その分土地の価値が下がるのです。

 

 

 

またアパート建設をするということは、建設にかかるコストなどがかかります。もし建設コストが建物の評価額よりも高ければ、その分が評価減につなげることができます。

 

 

 

このように、マイナスの要素がいろいろと生まれることによって、相続税の税額を安く抑えることができるわけです。